教育訓練給付金制度のご案内

平成26年10月1日教育訓練給付『専門実践教育訓練』制度がスタートし当校の看護科が指定されました。
この制度では、中長期的なキャリアアップを国が支援するもので、受講者本人が専門実践教育訓練実施者に対して支払った訓練経費に相当する額の40%(年間上限32万円)がハローワークから支給されます。
また、資格取得と雇用保険被保険者として雇用された、又は雇用されている等の場合には20%の追加支給があります。
平成27年4月入学生からの対象となります。入学前にハローワークでの手続き(受講開始日の1か月前までに行うこと)が必要となりますのでご注意ください。

 

専門実践教育訓練給付金・教育訓練支援給付金 制度

■専門実践教育訓練給付金

  1. 訓練費用の40%(年間最大32万円)給付
  2. 訓練を修了し資格取得及び1年以内に就職した場合訓練費用の20%追加給付

※項目1+項目2=60%(年間最大48万円)

■教育訓練支援給付金

  1. 訓練期間中、雇用保険の基本手当の日額の半額程度を2ヶ月ごとに給付 。

※年齢等条件あり

※一定期間の雇用保険加入が必要です。また、制度を利用される方は訓練開始日の1か月前までに手続きが必要です。
さらに、奨学金制度等(返済義務がないもの)を利用されている方は、給付対象外となります。

給付対象者

  1. 初回給付の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。
  2. 以前に教育訓練給付金を受給し、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日までの間に 10年以上雇用保険被保険者期間を有している方。(この場合、当該専門実践教育訓練の受講開始日前までに、 前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません。)

なお、45歳未満の離職者が上記(1)の給付対象に該当する場合には、教育訓練支援給付金が給付されます。(平成31年3月31日までの暫定措置)※年間上限額あり

給付金額 (3年間合計)

教育訓練経費
(入学金・授業料・実習費)
  講座を修了時 + 受講修了後1年以内に資格取得等をし
雇用保険被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合
給付金額
合計
1,278,000円
(3年間合計)
511,200円
1,278,000円
×40%
255,600円
1,278,000円
×20%
766,800円
511,200円
+255,600円

※上記の他、教材費、施設維持費、制服代等(教育訓練経費対象外)が別途必要となります。
詳しくは厚生労働省の教育訓練給付制度のホームページをご覧していただくか最寄りのハローワークまたは本校までお尋ねください。

給付金支給までの流れ(例)

ハローワークに相談
受給要件の確認・キャリアコンサルティングの実施

ジョブ・カードを発行
キャリアコンサルティング後に発行

ハローワークに受講申請
必要書類の提出(受講の1ヶ月前まで)

武雄看護学校入学(教育訓練開始)
3年間受講

ハローワークへ支給申請
半年ごとに教育訓練経費の40%給付

武雄看護学校卒業(資格取得)・就職
雇用保険被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合、
教育訓練経費の20%追加給付

 
ページトップへ