武雄看護学校同窓会 Class Reunion

学校長・会長挨拶

昭和39年の5月に杵島地区医師会付属准看護学院として武雄市に開設された本校は、現在看護高等課程准看護科と看護専門課程看護科として人を大切にする優しさと思いやりの心を持った卒業生を多数地域医療の現場に送り出してはや50年になります。
看護師資格を得る方法も大学の看護学科への進学を頂点とし様々ですが、本校は医療機関などに働きながら中学卒業からでも2年間学んで准看護師の資格を得ることができ、さらに3年間の修学により看護師の道ができるという定時制の学校として多くの人に看護職への道を提供し続けています。
 全ての決められたカリキュラムをその年のうちに修了しなければならない専門職への道は定時制として相当厳しいものであることは想像に難くありませんが、その苦労に打ち勝って卒業とその後の活躍には頭が下がる思いがいたします。
 看護教育の高度化はさらに進んでいくと思われる一方、地域医療ではまだまだ制限されている介護従事者の喀痰吸引をはじめとして様々な医療行為が介護の手で使われる時代が来ようとしています。できれば地域医療・介護の末端にまで看護の手を広げる役割をさらに継続していく大事な役割がこの学校にあります。
 これまで教育に多数の医師会員の方々、教務の方々、そして実習病院の方々に携わってきていただきました。この学校で学び後輩を指導する立場となった卒業生も多数おられると思います。
 今後は、卒業生と協力していく機会も多いことと思います。チーム医療、医療連携が地域医療の重要事項となった今、卒業生の名簿編纂と同窓会活動がおおきな原動力となることを祈念し挨拶とさせていただきます。

学校長
古賀 義行

“風薫る空の彼方に”どこか聴き覚えがありませんか、武雄看護学校校歌のフレーズです。この校歌を歌って創立50周年を迎えようとしています。
 看護学校初めての講義は、昭和39年5月「国立武雄療養所」の会議室から始まったと聞いております。私も5年間学び、思い出が沢山あります。太田光春先生の入学式にお話頂いた看護師とは、“手と目で”しっかり患者様を見る事、久留米大学での解剖見学、スクールバスの窓ガラスを割った事、県内准看護婦学校親睦運動会、つらく長い臨床実習などが思い出されます。創立50周年を迎えるにあたり、卒業生名簿の発刊と同窓会設立に向け、有志一同で同窓会設立委員会を発足しました。
 現在、医療・介護など制度・疾患も複雑化し地域医療が担う役割は年々増すばかりですが、名簿の発刊と同窓会設立を機会に、半世紀に亘る歴史ある武雄看護学校が教育機関として今後も大きな期待に応えていく事を願います。

同窓会設立委員会
会長
准看護科18回生
看護科8回生

石永 善和

同窓会メニュー

ページトップへ